見出し画像

「エンジニアからスクラムマスターへ」オープンロジならではのプロダクト開発の面白さと仕事の幅の広げ方

株式会社オープンロジ

こんにちは!オープンロジnote編集部です。
今回は技術開発部 齋藤さんのインタビューをお送りします。

「仕事の楽しさややりがいは?」
「入社したときと今の違いは?」

オープンロジの技術開発部のエンジニアや仕事のやりがいについて知りたい方は、ぜひご一読ください。

プロフィール

技術開発(dev) Webエンジニア
齋藤 輝明 Teruaki Saito

大学卒業後、グループウェア(Microsoft Office 365, Google Calendar, サイボウズガルーン)やSFA(Salesforce)のカレンダー同期のパッケージソフトの製品開発、テクニカルサポート、チームマネジメントに従事。2019年10月にオープンロジにジョイン。
現在はオープンロジの受注連携チームに所属。ShopifyなどのECサイトの商品、受注情報の取り込み処理や出荷後の実績連携処理に関する開発に従事。直近は社内各部門の連携・調整、仕様の具体化などを推進。趣味はオンラインゲーム

ーー具体的な業務内容を教えてください

エンジニアとして、ShopifyなどのECサイトの商品や受注情報の取り込み処理、出荷後の実績連携処理などのシステム開発を担当しています。他にもスクラムマスターとしてエンジニアが開発に集中できるよう課題を明確化したり、各部署の調整や会議でのファシリテーションをしたり開発チームをサポートすることも役割です。

ーースクラムマスターの役割も担うようになった背景を教えてください

エンジニアとして開発に従事する中で、「自分はプロダクトを作る側よりも、作る人を助けたい気持ちが強い」と気づき、技術フェローと相談した上で自分の役割をスクラムマスターにシフトさせてもらいました。

役割が変わり、ファシリテーションは特に意識してやるようになりましたね。
これまでは会議が長く目的からズレることもありましたが、議事録やタイムキーパー、アジェンダ設定等を組み込んだことで、議論がスムーズになりましたね。

ーー前職とオープンロジの違いを教えてください

前職は自社開発のみで、運用は行なっていませんでした。
オープンロジは、自社で開発するし自社で運用する。問題が起こったら自社ですぐに対応できることが大きな違いで、自社運用ならではの問題点に気付けます。そのため、ユーザーからのフィードバックが手に入りやすいのは大きな違いかなと思います。

オープンロジは物流業界に対してプロダクト開発を行っているため、リアルに”モノ”が存在することに新鮮さを感じます。情報だけでなく物理的にモノを取り扱うところがプロダクト開発の面白いところの一つだと思います。

働いている社員の点では、自分の所属するチームは、落ち着いたメンバーが多く話しやすい雰囲気ですね。ちょっとでも不安なことがあったら相談しやすい安心感があるので、仕事も進めやすいですね。

ーー苦労したことやそれを乗り越えた経験などを教えてください

オープンロジ入社1年目は初めて耳にする物流用語が多く、キャッチアップすることが大変でしたね。ただ、どんなに小さい悩み事でもSlackの質問チャンネルで困ってることや疑問を投げかけると、皆さんが教えてくれるんですよ。オープンロジには親切で困ってる人を放置せず助けるカルチャーがあるため、問題なく乗り切ることができました。

ーーリモートワークの普及にあたり、新入社員のキャッチアップの方法は過去と比べてどう変化していますか

コロナ前は隣の席にいた先輩がその場でホワイトボードを使って即興で勉強会を開いてくれましたが、現在はそういったことはできなくなってしまいました。

現在はスクラムごとの朝会やSlackなどで困ったことを共有することにより、チームでフォローする機会が設けられているため、困ったことを聞ける環境に変わってきています。

ーー最後に、オープンロジに興味を持っている方へメッセージをお願いします!

実際に現場で荷物がどう扱われるか、倉庫内がどうなっているか、データを扱いどうアプローチできるかを考えられる方が向いていると思いますね。ただデータを扱うだけでなく、データを活用することによりECマーチャントやエンドユーザーの生活を豊かにしていきたいと思う方と一緒に働きたいです。

また、人と適切なコミュニケーションをとることで、何を実現したいのかなどをしっかり汲み取ることができ、わからなければ周りの人に聞いたりしながら物事を前に進められる方は馴染むのも早いと思います。
私はオープンロジとは全く関係ない業界から入社しましたが、今こうしてなんとかなっています。スキルや知見のあるなしはあまり重要ではなく、知的好奇心旺盛で、わからないことがあれば調べたり他人に聞いて情報を取得できる方なら、オープンロジでの仕事は楽しめると思います。

物流で困ってるECマーチャントさんや倉庫さんを、ITの力でどう助けていけるか一緒に考え、議論していけたら嬉しいです!興味があったらぜひお話を聞きにきてください。


この記事が参加している募集

社員紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!